WindowsとUbuntuとMac

ここ数日、WindowsとUbuntuとMacを行ったり来たりしながら、かなりヘビーにデバッグしていて改めて思った。

Windowsはサラリーマン、Macはアーティスト、Linuxは職人。

  • Windowsは、「仕様があって動けばよいでしょ」、ってビジネスライク。自分が使うものじゃないから細かい所が結構いい加減。流行りのネタ拾ってきては誇大企画広告をぶち上げ、いつも劣化版を世に出す習性がある。しかし立ち直りは早い。
  • Macは、「そんなの関係ねぇ。感性が第一!」、の作品を使わせて頂く、って感じ。革新的なものを世に出すが、基本、融通が効かない。
  • Linux、「使いたければ、見て覚えろ」、って感じで職人気質。フリーダム。自分達自身が使うものだから作るものは大抵品質は高い。が、デザインセンスに弱み。

 

UIについて言えば、

WindowsのUIは破綻している。センスがなく、ダサい上に、まったく統一されてない、でも、さすがにこなれていて基本は使いやすい。MSが頼りないから情報も多い。Win10で起動が圧倒的に早くなった。

MacのUIはこだわりぬいていて、美しい。けれど、融通が効かない、何気に使いにくくても、変わらない統一性。弄りがいがない。情報もApple様依存。最近起動重たい。ジョブズが亡くなって以降、魔法の宝箱は失われたか。

LinuxのUI、WindowsとMacの良いとこどりをしようと試行錯誤中。最近は統一感もでてきて、見た目はWindowsを超えてきた。細かな使い勝手はあと少し。基本やろうと思えば、全部自分で自由にできる。情報はディストリビューションやデスクトップ環境もろもろごとに多様で混とん。UbuntuのLTSシステムで比較的わかりやすくなってきた。

Leave a Reply